« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

ゆいぽーと書き方塾・受講者作品⑤

「空き缶の水入れ」

和田ちとせ

 

 広島の県北の高校で受けたO先生の「美術」の授業は、どの授業よりも待ち遠しかった。

 木造の校舎に、先生の皮のスリッパの音が凛と響き渡ってくる。間もなく、背の高い先生が、ひょうひょうと来られる。

 「美術」のことと絡めて、その日の外の景色や世間の話などされる。

 「今、広島にはピカソの作品が来ているよ」

 文化のニュースに乏しい田舎では、先生の話はすごく刺激的で、私たちの若い感性がゆさぶられた。すぐにでも広島に行ってピカソの作品を一目見たくなった。

 また激しい吹雪の日には「僕だったら、今日の吹雪のムードを強烈な線と色でたたきつけるように描くよ。これが抽象画になるんだよ」とおっしゃった。

 生徒の私たちはこうして絵ができるのだと知り、ため息をついた。

 天気のよい日には、近くの神社にでかけた。石段にしゃがんで思い思いに水彩画を描いた。樹木の茂る校外で木漏れ日をうけて、気持ちが解放される授業は、至福のひと時であった。出来上がった全員の作品は、美術室に展示され、みんなで完成を喜びあい、鑑賞した。

 うれしかったのは、全生徒の作品のいいところを各々見つけ出し、みんなの前でほめてくださることであった。

 それが先生の教えることの主義、信念だったのだろう。

当時の田舎では、絵を描くためのイーゼルも手に入りにくかった。

先生は生徒全員のイーゼルと水入れを準備してくださった。木製の手作りのイーゼルは手ざわりが温かく、水入れは缶詰めの空き缶の間に合わせだった。

空き缶に針金を通し持ち手を作り、青色のペンキを塗り、全生徒の番号まで記されていた。それが、ちゃんとイーゼルにかけてあった。こうして先生は、生徒が授業をうけるのを待っておられたのである。

もちろん、先生は自身でも作品を制作されていた。大きなベニヤ板に気持ちをこめて抽象風の絵を描かれ、東京の展覧会によく出品されていた。年をとられても深く「美術」を探求しつづけられていた先生の姿と作品の数々を、私は今も鮮明に覚えている。

美術部員の私たちは先生とささやかな美術展を広島市内で毎年開いていた。

先生が九十二歳で亡くなられるまで、いや亡くなられた後も、「美術部OB展」として、現在、三十七回続いている。

美術部員が先生をいつまでも思い敬慕しているからだと思う。

わが家の玄関には、先生の写真と絵とあの「空き缶の水入れ」が飾ってある。

ふり返ると、温かく慈しみ深い眼差しの先生の姿がうかんでくる。

2016年7月29日 (金)

ゆいぽーと書き方塾・受講者作品④

母親失格

                            光見寺京子

 

 

 子育てをあきらめた。あきらめたからこそ、思った以上に息子がちゃんと育っている。かわいいと感じている。「子育て」も一つの人間関係だと感じる。

 わが家には、小学四年生の息子がいる。一人っ子だ。部屋の壁にも、絵本にも落書き一つない。おもちゃが壊れたこともない。

 大事に育てたと言えば聞こえがいい。私は育児と称して、幼かった彼を見張るようにして育てた。正しい育児、正しい母を目指していた。

 毎日が緊張していた。楽しいこともなく、辛かった。息子が三歳になる頃、私は食欲がなくなり、眠れなくなった。幼い頃から私をかわいがってくれた伯母の死が重なって、何もかも嫌になった。

 私は育児をやめた。息子を保育園に預け、ママ友に会うこともしなくなった。保育園が休みの週末には、夫に預けた。夫は子ども向けのイベントを、新聞やホームページで調べて、息子を連れて行ってくれた。

 私は料理や洗濯はしたが、それ以外の時間は一人でDVDを観ていた。映画館にも美術館にも行った。人を誘う元気もなく、一人ぼっちだった。週末も夫と息子が出かけると、私は一人になった。一緒に出かければいいのに、嫌だった。ちゃんとした母親になれなかった後ろめたさで、何をしても面白くなかったのである。

 それどころか、夫が、せっせと息子に尽くす姿を見ると腹が立つのだ。当たり前のように育児ができる夫と、かわいがられる息子を見るのが嫌だった。

 私ができないことを夫は楽しみ、息子も夫に子分のように従っている。そんな二人の結びつきが妬ましく、寂しかった。

 その後ろめたさは、五年、六年と経つうちに薄れていった。慣れてくると、冷静に状況を見られるようになったのだ。最初は息子を押しつけて悪いなと思ったが、夫は何年たっても子育てが楽しそうだ。本当に子育てに向いているとしか思えない。そんな夫が育てている息子が、不幸なはずはない、と思えるようになった。

 おかげで私は好きなことの幅がだんだん広がった。大阪の小説学校に遊びに行ったり、ジャズライブに出かけたり、フラダンスを習って発表会に出たりしている。そこで気づいたのは「私は自由だったし、もっと自由になれるのだ」ということだった。それを不自由にしたのは、正しい育児、正しい母親を目指した育児方針だった。

「あれ、今日はお母さん、家にいる日だっけ」

 先日の日曜日の朝、息子がそう言ったそうだ。私をからかうように、夫は笑っている。多少、嫌味もあるのかもしれない。

「お母さんがいないと、息子さんが寂しがるでしょう」

 趣味の仲間に聞かれると、困ってしまう。うちの息子は夫がいないと寂しがるのだ。

夫が出張で留守の夜、息子は、わざわざ、

「僕、お父さんがいいんだようー。寂しいよう」

 と、私に泣き真似をして見せる。

 どうも、からかわれているような気がする。父親への絶対の信頼があるからだ。その代り、大好きなお父さんに怒られると、とても落ち込む。涙を流して耐えている。こういう時には、さすがに私にも甘え、ひっついてくる。

 小学校に入学して間もない頃、息子に、

「母親失格だね」

 と言われたことがあった。

驚いた。どこで聞いて覚えたのだろう。

私自身が思っていたことを見抜いたような、鋭い言葉だった。

「な、え、なんでそんなことを言うん。よく、そんなことを言うねえ」

 傷ついて言い返したが、しどろもどろだった。何を言ったのか、記憶もおぼろだ。

 それ以来息子は時々、思い出したように言って嫌がらせをした。

 ある時私が、

「だから何なの。変なことを言うね」

 と開き直ったら、つまらなくなったのか、口にしなくなった。本気で怒っていることに気づいたのかもしれない。

息子に「気持ちだけは、母として踏ん張っていなくてはいけない」と教えられたような気がした。

 こんな母親だが、口はうるさくても愛情いっぱいの父親がいるので、息子は弁の立つ、しっかり者に育っている気がする。

 漫画を読む姿しか見たことがないが、四年生になって絵本を作るクラブに入った。三年生の時には読書感想文が入選になった。

「遺伝だねえ」

 などと詩の教室の仲間に褒めてもらった。私はまんざらでもない。

参観日に行くと、よく発表しているし、忘れ物もほとんどしない。桜の季節には通学路の花を拾って帰り、プレゼントしてくれた。家では服は脱ぎっぱなし、歯磨きも滅多にしないが、あれで内外のバランスをとっているのかもしれない。

 育児を頑張っていた頃は、お荷物のように感じていた息子が、今はかわいい。

頼りになると感じている。良いところも悪いところもあるし、ケンカになると憎らしいが、とにかく居てくれるだけでいい。

私は育児に向いていないかもしれないが、産んでよかった。

今は、自分のことを母親失格とは思わない。満点の息子でもないが、掛け値なしに、あの子と出会えてよかったと思う。

 

                               了

2016年7月25日 (月)

DV防止講座

ゆいぽーとDV防止講座 ~自分が自分らしくあるために~

7月17日(日) 13:00~15:00

Women’s Empowerment Kanazawa (WEK)プロジェクト代表

坂井 美津江(さかい みつえ)さんを石川県金沢市よりお迎えし、開催致しました。

1


坂井さんは平成22年度に市役所内に配暴センターを設置し、関係各課と連携し
DV被害者に対する心理教育、相談、支援のワンストップサービス化を図ることにより、
潜在的なDV被害者の自立を援助している。

また、避難後の母子に対する支援を継続的に行う必要性に重きを置き、
平成24年度に児童虐待防止活動グループ等とDV被害者支援活動グループ等に呼びかけ、
女性と子ども支援ネットワーク金沢を設立し、母と子のこころのサロンの開設やびーらぶプログラムの提供を行っている。

官官・官民連携促進を両方の立場を経験され、DV相談と支援のスペシャリストとして活躍されていますsign03

2

こんなに大勢の方々がDV防止講座に参加されましたよ confidentrock 

胸が苦しくなるような実体験、現状など、たくさんのお話し。

辛い話しだけじゃない! pencil

それぞれの価値観の違いを認識し、互いを大切にすることがDV防止につながること

ワークショップclipでは自分の価値観を見つめて、会場が盛り上がりました。happy01

3_3


4





6


7

講座アンケートを一枚一枚しっかりと読まさせて頂きました m(_ _)m

DVについて真剣に考え、向き合って行こう!とのご意見が本当に多くありました。

受講して下さった皆さん、一人一人からbud友人、知人、職場等へと、DV防止の話題を多くの方々へと広めて行き、~自分が自分らしく生きて行ける世の中に~しましょうhappy01

講師の坂井さん!
広島のみんなに貴重なお話しを本当に有難うございました!

受講して頂いたみなさん!
又の受講を心よりheart01お待ちしていますflair

参加出来なかったみなさんは次回、是非参加して下さい~ねscissors (o^-^o)

 

2016年7月21日 (木)

ゆいぽーと書き方塾・受講者作品③

「フットベースボール」

 

藤崎 由美子

 

 二人の娘が小学生の頃だった。毎年、子ども会主催のフットベースボールの大会があった。三年生以上は全員出席で、学区の子ども会ごとに練習し、大会に備えた。

 娘は二人とも球技が苦手である。練習に行くのを嫌がったが、全員参加が規則なので、仕方がない。親である私も練習に付き添った。

 見ていておかしいなと思ったのは、一人ずつにボールの蹴り方を教えるのではないのだ。

大まかなルールを説明しただけで、すぐに試合形式の練習に入る。これでは得意な子には分かっても、娘たちのような苦手な子は戸惑うばかり。ますますフットベースボールが嫌になるのではないか。

 案の定、娘たちはボールをうまく蹴ることも、受け止めたボールをどこに投げていいのかも分からず、まごついていた。挙句の果てに、チームメートに「分からんのだったら、ボールにさわらんで…」と怒鳴られる始末だ。のけ者にされて、しょんぼりする娘を見るのがつらかった。

 それでも娘たちは決められた練習日にはちゃんと参加して、大会の日を迎えた。それなりに練習して、蹴られるようになっていたので、夫と娘の出番を心待ちに、試合を見ていた。ところが、試合に出たのは上手な子だけだった。娘たちには一度も出る機会がなかった。お呼びがかからなかった。

 「たかが子ども会の行事なんじゃけえ、下手な子にもいっぺんぐらい蹴らしてやりゃあええのにのお」主人の残念そうなつぶやきを聞きながら、私も悔しさがこみ上げてきた。こんな扱いをするのなら、初めから「選抜チーム」にすればいいじゃないの。これまで、頑張った娘たちの努力と気持ちをどうしてくれるのよ。

 娘たちも、やりきれない様子だった。

 「私、練習頑張ったのに…もう来年からフットには行かん」「私も…」「結局、上手な子だけ出て、私らは何じゃったんかねぇ」

 そんな娘たちの気持ちも知りながら、子ども会の世話人方に遠慮して、私は本音を声にしないで抑えてしまった。泣き寝入りをしたのである。

 今でも、娘たちを守ってやれなかった悔しさが、シコリとなって残っている。

 あの時、「集まった子ども全員を参加させよう。上手下手で差別するのは子ども会

活動の趣旨にあわない」と、勇気を振り絞って提言すべきだった。

 私は何も言わず、自分から引いてしまった。言っていれば、何かが変わっていたかもしれない。娘たちに寂しい思いをさせずに済んだかもしれない。

 直感的におかしいと思うことに声を上げる大切さと、あと少しの勇気の意味を、私は身をもって学んだ。

2016年7月19日 (火)

ゆいぽーと農園 第1回親子農業体験

619日(日)

呉市安浦町のゆいぽーと農園で親子農業体験を開催しました。

 

あいにく、雨が降ったりやんだりで、sprinkle

畑のコンディションは最高とはいえませんでしたが、

野菜の収穫や畑の整備など、いろいろな体験ができました。shine

 

緑の里いなし運営協議会の皆様には、畑や昼食の準備で大変お世話になりました。

みなさまのご協力のおかげで楽しい一日になりました。ヽ(´▽`)/

 

2回親子農業体験の開催が待ち遠しいです。heart04

 

茄子が食べ頃♡

Cimg9294

収穫中。

Cimg9299

     

トマトがもうすぐ収穫できそう☆。

Cimg9333

合間にパチリ

 camera

Cimg9336

これから、そらまめの茎を抜くところ♪

Cimg9339

抜いたとこ

Cimg9344_2

スッキリ。happy01

Cimg9346

さらに畑を整備★

Cimg9347

お昼は、お野菜とお肉のカレーにサラダでした。heart02

Cimg9356

畑には、どんな生き物がいるのでしょうか。happy02

     

Cimg9385

当日は、お子さんたちの生き生きとした笑顔shineがたくさん見られました。

参加者の方々からは、

「野菜の収穫ができて、良い体験ができました。」

「農家の方のお話がとてもたのしかった。」

「きゅうり・じゃがいも・なすをとるのが楽しかったです。」

「カレーがおいしかったです。」

などの感想pencilをいただきました。

 

みなさま、ご参加ありがとうございました!heart04

次回の農業体験1030日(日)も募集中です。

また、お会いできることを楽しみにしています☆

 

詳しくはコチラ

2016年7月10日 (日)

資料室企画展示『読んで知る、戦争と平和』開催中!

ただいま、ゆいぽーと図書資料室では、

資料室企画展示『読んで知る、戦争と平和』を開催中ですsign01

Cimg9421

広島、長崎の原爆や戦争、平和に関する本を展示しています。
絵本や画集、写真集など様々な本を取り揃えました。

ぜひ、この機会にお手に取ってご覧ください。

Cimg9424


開催期間:~9月18日(日)まで
開催時間:9:00~20:30
開催場所:4階 ゆいぽーと図書資料室

※貸出には利用登録が必要となります。住所のわかる身分証明書をご持参ください。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »