« 新しい働き方フォーラム~介護と仕事の両立を考える~ | トップページ | ひきこもりUX女子会 »

2018年11月11日 (日)

ゆいぽーと2018年度公募型男女共同参画共催事業

11月11日(日)ゆいぽーと2018年度公募型男女共同参画共催事業【ストレスに強く生きるために:レジリエンスな生き方・育て方】


11月11日(日)10時半から、【ストレスに強く生きるために:レジリエンスな生き方・育て方】を考える講座をNPO法人日本タッチ・コミュニケーション協会とゆいぽーとの共催で開催いたしました。

Pb110007

参加者は、乳児期~思春期の発達心理に興味のある方など、約80名。子どもさんと一緒に出席された方もいらっしゃいました。

講師は、発達心理学者で、白百合女子大学人間総合学部発達心理学科の田島信元教授です。

Pb110020

テーマは、「心の発達段階に沿った親のかかわり方」。専門用語に解説を加えながら、レジリエンス(打たれ強さ・回復力)の重要性、親の役割などをお話しいただきました。

Pb110018

学校教育でもレジリエンスが注目されており、21世紀を担う子どもたちの能力をどう育てるか、大人も学びが必要と感じる講座でした。

Pb110013

« 新しい働き方フォーラム~介護と仕事の両立を考える~ | トップページ | ひきこもりUX女子会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆいぽーと2018年度公募型男女共同参画共催事業:

» 発達心理学者田島信元氏の講演を聞いて。〜知識中心の教育を受けた立場から思うこと〜 [八ノヒブログ]
11月11日(日)に広島市男女共同参画推進センター(ゆいぽーと)で行われた、田島信元氏の講演を聞きました。 講演の公式(ゆいぽーと)URL 演題は、 心の発達段階に沿った親の関わり方 〜21世紀を担う子どもたちの能力をどう育てるか:発達心理学からの示唆〜  演題の親の関わり方も非常に勉強になりましたが、まず冒頭でお話のあった、これまで(20世紀)の教育とこれから(21世紀)変わろうとしている教育について強く感じることがありました。数年前から薄々感じ始めて最近では強く感じていたことが、頭の中で、あるい... [続きを読む]

« 新しい働き方フォーラム~介護と仕事の両立を考える~ | トップページ | ひきこもりUX女子会 »