« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

子育てママさんのキャリアアップ

2018年度公募型男女共同参画共催事業「子育てママさんのキャリアアップ」


1月26日(土)、ゆいぽーとにて「子育てママさんのキャリアアップ」を開催しました。
このセミナーは「ゆいぽーと公募型男女共同参画共催事業」の一つとして、
NPO法人予防医療健康大学による企画・運営で実施しました。

広島市中心部でも、この冬初めての雪が降り続く一日でしたが、育休中のママさんや
仕事再開を目指すママさん12名が参加され、外の寒さも忘れて楽しい3時間となりました。
託児室も定員いっぱいの6人の子どもさんで賑わいました。

講師:キャリアコンサルタントの國冨久代さん
1

わかりやすく楽しいお話で、あっという間に時間が過ぎました。
2_2

エゴグラムテストの結果をもとに、自分の長所と短所、考え方の傾向などを理解し、職場でのより良い人間関係を築くヒントを得ることができました。

セミナーの最後に、今後20年30年先の自分のキャリアと子どもの成長を重ね合わせて、将来の設計図を作りました。これから自分に何ができるかを改めて考えるきっかけとなりました。
3

キャリアコンサルタントから具体的なアドバイスをもらったり、参加者同士がお互いに意見を出し合うことで、日頃仕事と子育てに追われて自分のことをじっくり考える余裕がないママさんたちも、自分と家族・仕事について前向きなビジョンを描いていただけたのではないでしょうか。

参加者の皆さん、企画・運営にご尽力いただいた関係者の皆さま、どうもありがとうございました。

2019年1月26日 (土)

フォーラム「セクハラ・性暴力を許す社会を変えよう#me too」

1月20日(日)に、フォーラム「セクハラ・性暴力を許す社会を変えよう#me too」を日本司法支援センター広島地方事務所(法テラス広島)・ゆいぽーと男女共同参画推進協議会(ゆいぽーと協議会)・広島市男女共同参画推進センター(ゆいぽーと)の共同主催で開催しました。

P1200031

「性暴力・セクハラ問題とは」と題して、広島大学ハラスメント相談室准教授 北仲千里様にご講演いただきました。

P1200086

#Me Too運動や2018年のノーベル平和賞といった世界的な情勢により、性暴力やセクハラの問題の深刻さと支援の必要性にようやく社会が目を向け始めていること、性別や年齢に関係なく被害にあうといったセクシュアル・ハラスメントの基本情報やその背景などをお話しいただきました。

P1200069

講演に続いて、北仲千里様をコーディネーターに、広島弁護士会弁護士 平谷優子様、中国新聞論説委員 森田裕美様の3名によるディスカッションを行いました。

P1200083 P1200042

ディスカッションの内容の一部をご紹介します。

・セクハラは、仕事や学校などの関係者の間で立場を利用しておきるので、被害者はノーと言えない、被害を訴えにくい、という共通認識が組織・社会の中に必要。

・声をあげなかった人が悪いのではない。声をあげられなかったことを後にでも伝えることは大切。

・違和感を手放さず、おかしいと思った事は伝えていく。

・相手のことを考えることがセクシュアル・ハラスメントだけでなく、全てのハラスメントを減らすことにつながる。

・セクハラは、相手を尊重していたら生じない問題。

セクハラ防止のためには、自分も被害者にも加害者にもなる可能性がある、当事者であるという認識をもつ。

・セクハラや性暴力のない社会をつくるには、子どもの頃からの教育や、会社などの組織では、上層部への意識啓発といった働きかけが重要。

P1200091

本フォーラムには定員を超える70名の方が参加されました。参加された皆さまが、この講演とディスカッションの内容を周囲に広めてくださることが社会を変えていくための一歩となると信じています。

P1200094

お忙しい中お越しくださいました皆さま、本フォーラムの開催にご協力いただきました関係者の皆さま、誠にありがとうございました。


« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »