« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月21日 (土)

講演会 「家族の中の人権を考える~40年ぶりの相続法改正をきっかけに~」

12月14日(土)、現役の弁護士による「相続法」をテーマにした講演会を開催いたしました。
この講演会は、
●日本司法支援センター広島地方事務所(法テラス広島)
●ゆいぽーと男女共同参画推進協議会(ゆいぽーと協議会)
●広島市男女共同参画推進センター(ゆいぽーと)による共同開催です。

さまざまな人権問題が取り上げられている昨今、いちばん身近で小さな単位の「家族」の人権について考えてみようということから、この企画がはじまりました。

「相続」は多くの人がなんらかの形で関わるものですが、難しい法律の話は敬遠しがち。40年ぶりの改正はどのような内容?どんな背景から改正に至ったの?至らなかったの? 相続について考えておきたいという方を中心に、当日は定員80名を超えるたくさんの方にご参加をいただきました。

Pc140012 Pc140008

講師は弁護士の芥川 宏 先生(芥川法律事務所)。
改正された相続法が現行からどう変わったのか、わかりやすい資料と共にていねいにご講義くださいました。
また、「法律婚」「事実婚や同性婚等」のカップル間にある格差、そこに潜む問題点、「多様な性(LGBT/SOGI等)」についてもお話しがあり、家族の人権や男女共同参画について考えるきっかけになりました。

講演後には質疑応答。
たくさんの質問が寄せられ、とても活発な時間になりました。お時間の関係ですべてのご質問をお受けできず、大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

相続の問題は個々のケースで単純な話ではありませんが、大切な家族や自身を守るためにも、ある程度の知識を身につけておくこと、いざという時に相談できる場所を知っておくことの大切さを感じました。

ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

2019年12月12日 (木)

おやこひろばスペシャル

128日(日)※子育てサポーター「ぴよぴよの会」のみなさんに運営協力をしていただき、

おやこひろばスペシャルを開催いたしました。

ぴよぴよの会のみなさんによるすてきな✨ハンドベル演奏でスタートしました。

大塚ムーミンの会のみなさんをお迎えし、スペシャルな時間が始まりました。

 パネルシアターでは劇「ももたろう」を行い、みんな惹きつけられていました。

迫力のある鬼の登場にはびっくりしましたね!

 最後はサンタクロースも登場し、こどもたちも大喜び!

みんなで赤はなのトナカイを歌いました🎶

57人の保護者と子どもたちが交流をし、男性の参加が多数ありました。

ゆいぽーとでは今後も子育て支援と男性の育児・家事参加の啓発に取り組んで参ります。

来年221日(金)は「親子ヨガ」を開催いたします。

寒さに負けず、親子で一緒に体を動かしてリフレッシュしましょう。

みなさまのご参加、お待ちしております!

 

※子育てサポーター「ぴよぴよの会」はゆいぽーとで活動する託児サポーターのグループです。

ゆいぽーと託児サポーター養成講座の卒業生や有資格者で構成しています。

2019年12月 8日 (日)

図書資料室新着本案内(12月)

ゆいぽーと図書資料室12月の新着本のご案内です。

Cimg5257

図書資料室スタッフが、新着本の一部をご紹介します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『政治の絵本[新版]学校で教えてくれない選挙の話』

たかまつなな 著

弘文堂 20197月刊

(分類番号310

 

先日テレビでアメリカからきた女子留学生にインタビューをしていました。

「アメリカでは学生が集まると政治の話をするのは当たり前。

でも日本の学生は全然話さない。話すのはタピオカのことばかり()

思わず笑ってしまいましたが、笑い事ではありません。

著者のたかまつななさんはお嬢様芸人で中・高の社会科教諭の免許を持っています。

「政治の楽しさを伝えたい」と全国の学校で出張授業を行う中で、

絵本のようなわかりやすい政治の本があればいいのに・・・とこの本を作られました。

漫画のようなイラストや簡単な言葉で説明してあり、現場の先生方にも大好評のようです。

大人も子どもも日本の未来や政治をもっと気軽に楽しく考えてみませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『ちょっと待った!その言葉』

安井二美子 著

花伝社 20188月刊

(分類番号810

 

「多文化社会」「多言語社会」「高齢化社会」「男性支配社会」の四部で構成され、

「ことば」を手がかりとして、日本社会の深層に潜む「差別」や「ゆがみ」を

言語学が専門の著者が解き明かします。

普段、見聞きするニュースやCMなどを例にあげ、言葉が社会を映し出すものであり、

私たちが何気なく発している言葉が、無意識のうちに社会の影響を受けていることを指摘。

「差別は多くの場合、自然発生的に生まれてきたものではなく、政治によって作り出されたもの。

差別意識は外の世界との接触を通じて学習されるものであるから、消滅させることも学習によってできる。」

言葉を発する前に、この言葉は大丈夫?と考えさせられる一冊です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『神さまを待っている』

畑野智美 著

文藝春秋 201810月発行

(分類番号913・は)

 

大学を卒業し派遣社員で働いていた26歳の主人公は正社員になれず、

あっという間に貧困生活に陥っていきます。

漫画喫茶で寝泊りし、とうとう生活のために出会い喫茶でバイトを始めることに。

そこで色々な事情を抱えた数名の女性と知り合います。

そしてその世界から抜け出せる人間と抜け出せない人間がいることを知り、

自分の無力さを感じるようになります。

さて主人公は抜け出すことができたのでしょうか・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【利用時間】9:00~20:30(貸出利用登録のお申込みは2000まで)

※どなたでも来場いただけますが、貸出には利用登録が必要です。

貸出を希望される方は、住所の分かる身分証明書をご持参の上、

資料室スタッフまたは2階受付までお願いいたします。

 

ゆいぽーとフィットネス2019年度第3期

ゆいぽーとフィットネス2019年度第3期

[12月5日(木)ナチュールヨガの様子]

☆全身を使ってポーズ☆

1_20191208163601

2_20191208163601

寒い日が続きますが、体を動かして温まりませんか。

毎週水曜日コースのビューティーヨガでは正しい姿勢を保つことに重点を置いたポーズを中心に行っています。

毎週木曜日コースのナチュールヨガでは、お腹を使うことに重点を置いています。

どちらのコースも初心者大歓迎!

ストレス解消やダイエットにもおすすめです。

 

 ゆいぽーとフィットネスで、楽しく運動習慣を身につけませんか。

 ~ゆいぽーとフィットネス2019年度第4期[全6コース]参加者募集中!~

日時:

毎週水曜日コース

2020年1月8日(水)~3月11日(水)(全10回)

[1]ピラティス <託児あり>12:30~13:30

[2]ビューティーヨガ <託児あり> 14:00~15:00

[3]ZUMBA(ズンバ)19:00~20:00

毎週木曜日コース

2020年1月9日(木)~3月12日(木)(全10回)

[4]骨盤ビューティー・エクササイズ <託児あり>11:00~12:00

[5]ナチュールヨガ <託児あり>13:30~14:30

[6]タオル・ヨガ 19:00~20:00

 

↓ 詳細はこちらをご覧ください。

http://www.yui-port.city.hiroshima.jp/index.php?page_id=429

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »